HONNDAの「アシモ」が登場して以来、
人型二足歩行ロボットは、どんどん進化しているようですね。

あれほど、難しいといわれていた二足歩行が、
今では、それほど驚くほどの技術ではなくなっているようです。

つい先日、「“世界一美しい”女性型ロボット」なんていう、
二足歩行ロボットも発表されました。
もはや、歩くフォームの美しさや質を求めるような段階になっているようです。
(丁度この記事を打っているとき、この「FT」のことを ニュース番組でもやってました。)

“世界一美しい” 女性型ロボット「FT」(←動画も見られます)

残念ながら、まだ市販はされないようですね。

で、市販しているもので、どんなものがあるのか探してみたんですけど、
カッコイイと思えるようなデザインのものは、あまりないようです。

その中でも、1つだけ他のものと”ちょっと違う”と思うものを見つけました。

 

他の人型二足歩行ロボットは、「デザインは二の次」といった感じの
無骨なものが多い中、この「nuvo」には、デザインも非常に大事にしています。
(ただし、値段もびっくりするくらい高いですが(笑))

カラーリングもきれいだし、インテリアにもなりますね。

人型二足歩行ロボット 「nuvo」
人型二足歩行ロボット 「nuvo」
価格: 560,000 円
販売元: ロボットライフ21

イメージビデオ

デモビデオ

うーん、見てると、欲しくなってくるので、あんまり見ない方がいいかも(笑)

もしも購入したい!というお金持ちの方は、こちらからどうぞ(笑)

 

リンク先のページを見るとよくわかるのですが、
このロボットの場合、他の二足歩行ロボットとは、明らかにコンセプトが違います

新しいライフスタイルを提案する」物としての位置付けですね。

「近い将来にはわからないこと、知りたいことがあれば教えてくれたりスケジュール管理まで行ってくれる機能が搭載される予定です。」 とのこと。
SFの世界に出てくるようなロボットが誕生する日も、そう遠くないのかも知れませんね。

 

おそらく、ほとんどの方は、興味があったとしても、とても高価で手が出ないと思います。
「nuvo」以外の人型二足歩行ロボットも、ほとんどのものが10万を超える高価なもので、 ちょっと手が出ませんよね。
で、安いものはないのかと思って、探してみました。

タカラ ロボサピアン「ヒューマ」(HUMA)
タカラ ロボサピアン「ヒューマ」(HUMA)
価格: 12,800 円
販売元: BIF−SHOP

ロボサピアン ヒューマ
ロボサピアン ヒューマ
価格: 15,750 円
販売元: ROBOCAFE (ロボカフェ)

両方とも同じもののようですが、上のほうのお店では品切れでした。
でも、商品の説明は、非常に丁寧ですね。(しかも安いし)

結構、お手軽な価格で、色々な機能がついているようです。

品切れのお店が多いようなので、ほしい方は早めにゲットしたほうがいいですよ。


 

 カテゴリ
 タグ